Home / 買っても大丈夫リスト / MFIII羊プラセンタ (買っても大丈夫)

MFIII羊プラセンタ (買っても大丈夫)

羊プラセンタについてで取り上げた「placenta injection」での検索結果の上位に表示されている製品で、もうひとつ目に付く商品がある。

MFIII」である。

32_1_080916035715

このMFIII、スイス発のプラセンタブランドで、プラセンタ界ではかなり有名な存在のようで、プラセンタが日本でメジャーになる以前からある老舗らしい。

http://www.kbysks.co.jp/newpage161.html

このページの「たしかスイスの世界的に有名なアンチエイジングを専門とするクリニックで使用されているのも羊の胎盤だったと思います。世界のVIPと呼ばれる人達が若返りのために訪れるらしいです。」

というのは完全にこのMFIIIを示唆したものであろう。

このMFIIIは注射アンプルも製造しており(ヒトプラセンタ)日本で言うラエンネックのような存在であり、医療面でのプラセンタ製品を製造しているブランドとして非常に信頼度が高い。

そんなMFIII、プラセンタのサプリメントも製造販売している。

それが羊プラセンタを使用したサプリメントなのである。

このサプリ世界累計で数千万箱の売り上げがあるらしく、日本でもそこそこ知られている存在なようだ。世界シェアがどれくらいのものかはわからないがかなりのものではないかと推測される。

ただし、すげー高いw

ハリウッドのセレブやヨーロッパのサッカー選手なんかも使用している噂もあったり、価格の高い商品なだけにそれも頷ける。その分20倍濃縮のプラセンタを一粒当たり400mg使用しており、濃縮していなければ通常で8000mgのプラセンタが一粒に詰め込まれているということになる。これは驚異的な数字である。

てことはと思って割安さを計算して見ると

価格は21000円(一箱30粒入り)

一粒当たり700円

プラセンタ1mg当たり0.085円

プラセンタ1mgに換算してみるとかなり割安なことがわかる

8000mgって8グラムだよなーと思って、サプリの画像を調べてみると、一粒がでかいw

詰め込んであるなーってのがよくわかるでかさだw

で、このサプリ製造はスイスなので、日本には輸入しないと入ってこないってことになるが、世界的人気で高価な商品ということもあってかどうやらニセモノも出回っているらしい。個人輸入なんてしようものならニセモノをつかまされる可能性もある(バイアグラやミノキシジルで横行している)。

なのでちゃんと正規ルートで仕入れている、本家MFIII側に認可されたところで買うのが一番である。その正規輸入代理店をやっているのがスカイトップトレーディングという会社。

どうやらMFIIIの輸入販売の他にも食事サポートサービスや、フィットネスジムなんかも運営しているらしい。アンチエイジングや健康管理サービスに力を入れている会社のようだ。

販売サイトのドメインmf3japan.orgを調べてみるとドメイン年齢は7年前(2007年)と結構古く、日本に本格的なプラセンタブームが来る前から販売している信頼の置けるサイトであることがわかる。


02221938_51274abf27a04

MFIIIプラセンタ

プラセンタに興味があって、予算に余裕がある方にMFIIIをおすすめしたい

About admin

Scroll To Top